直葬は最近一番増えている葬儀のスタイルです。直葬は大体20万円以下の金額で施行することができます。格安の葬儀社を探せば12~13万円に抑えることもできると思います。

 

葬儀費用の全国平均は約200万円と言われているので、10分の1以下の金額でお葬式ができることになります。各地に直葬専門の葬儀社ができているくらいなので需要はかなりあるのでしょう。

 

以前から、日本の仏式のお葬式は高額すぎると言われていました。欧米のキリスト教の国々では葬儀費用の平均は20~30万円程らしいです。日本でもキリスト教のお葬式は仏式の約半分くらいの金額で施行できます。

 

欧米諸国では「教会税」があるので一概には言えませんが、それでも日本のお葬式は高額だと思います。

 

日本の葬儀費用がどうしてこんなに高いのかは、こちらの記事で考えてみました。
>>葬儀費用はなぜ高いのか

 

直葬はシンプルな流れで負担が少なく、費用も抑えられるので現代的な葬儀の形と言えるかもしれません。

 

でも、直葬をしたお客様の中には後悔されるお客様もいらっしゃるので、事前にどんなお葬式にするのか考えておくことが大切です。

 

故人が生前に「葬式はしなくていい」と言っていた

最近テレビでもよく取り上げられていますが、子供や孫に迷惑をかけたくないので、生前から、「自分の葬式は直葬でいい」と仰っているケースがあります。

 

故人の死後に遺族がしなければならないことは、役所関係の手続きや、相続、納骨などたくさんあるので、葬儀で余計な負担をかけたくない、という気持ちから故人が直葬を選ばれていた、というケースです。

 

また、お葬式やお寺の存在について、「葬式なんて高いお金を払ってやる意味はない」という考えの人も増えています。実は葬儀社で働いている人の中にもこのような考えの人は結構います。

 

日本の風習で小さい葬儀をすることは故人を否定することになる、という考えが昔からありました。

 

世間体や体裁もあるので、多少無理をしてでも大きなお葬式をする家庭が多かったのですが、最近は人付き合いも減ってきていますし、様々な価値観が認められる社会なので、小さいお葬式をしても批判されることは少なくなっています。

 

親戚や知人関係に直葬をしたことを説明するときも、「故人の意思なので」と言えば批判されることは少ないです。

 

ただ、中には故人が直葬を希望していたにも関わらず、遺族の希望で家族葬をすることがあります。葬儀においては「遺族の希望>故人の意思」なので、遺族の希望が優先されます。

 

年配の方には、「ちゃんとした葬式をしないなんて、とんでもない!」という考えの方も多いです。今、喪主になるのは60~70代の方が多いので、直葬への反発もありますが、今の30代~40代の人達が喪主になる時代がくれば、直葬への世間的な抵抗感はかなり減っていると思います。

 

 

直葬をするとどんなことで後悔するの?

直葬が増えているとは言え、お葬式のイメージは「通夜、葬儀があり僧侶がお経をあげる式」というものなので、「式」という形でお葬式をしなかったことに対して、罪悪感や後悔を感じる人もいます。

 

罪悪感とはもちろん故人に対してのものでしょう。故人が口で「直葬でいいから」と言っていても、本音では一般的なお葬式をしてほしかったのかもしれません。

 

また、満足に親孝行できる人は少ないので、しっかりお葬式をすることが最後の親孝行と考える人もいます。

 

通夜、葬儀の二日間はとても忙しいですが、式が終わった後は「しっかり送ってあげることができた」という満足感を感じるお客様も多いです。

 

通夜や葬儀、その後の法要は、それらの儀式をすることで大切な人の死を受け入れ、遺族の心を癒していくという意味もあります。

 

直葬は負担が少ないですが、一般的なお葬式で得られる満足感や、癒しも少ないので「やっぱり、ちゃんとしたお葬式をすればよかった」と後悔される人もいます。

 

しかし、豪華なお葬式をすれば遺族の方が納得できるとも限りません。

 

200万以上の費用をかけた葬儀でも、線香もあげずに故人の遺体を控室に放置しているケースもあれば、50万円の家族葬で遺族の方が綺麗な涙を流されていることもあります。

 

次に多いのが「故人の死を実感できない」という後悔です。直葬は「式」という形をとらない分、節目としての意味合いが弱いので、故人の死後も、
「まだあの人(故人)はどこかで生きていて、ひょっこり帰ってくるんじゃないかって気がする」
と仰るお客様もいます。

 

しかし、一般的なお葬式をして法要も行い、納骨して仏壇を購入しても故人の死を実感できないというお客様もいます。

 

こう言ってしまっては元も子もないですが、どんな形のお葬式をしてもどう感じるかは人それぞれです。

 

自分の感情と向き合って、「もし、こういうお葬式をしたら自分はどう感じるんだろう」と想像してみるのもいいかもしれません。

 

 

葬儀社の立場からすると、直葬はおすすめなの?

直葬は利益が少ないので、会社としては嬉しいものではありません。では、一人の葬儀社スタッフとして、直葬がおすすめなのか、というと私個人としてはおすすめではありません。

 

故人が直葬でいいと言っていても、故人との関係が良くなかったとしても、「式」という形はとった方がいいと思います。

 

高額な費用をかけてお葬式をする必要はなく、祭壇は小さなもので、近しい親族だけでもいいので、故人とのそれぞれの別れをしていだければと思います。

 

お葬式をして自宅に遺影写真と骨壺を飾り、その前で線香をあげることで、感じるものが人それぞれあると思います。

 

僧侶へのお布施も全国平均は50万円程ですが、最近増えている派遣型の僧侶であれば5万円程でお経をあげてくれます。

 

小さい家族葬であれば、40万円あれば施行できると思います。良質な葬儀社であれば、小さい葬儀であっても決して手は抜きません。

 

私はお葬式は故人のためというより、遺族のためにするものだと思っています。遺族の方が納得できれば、どんな形の式でも大丈夫です。

 

ただ、葬儀は一回しかできないので後悔しない選択をしていただきたいと思います。