お葬式をすることは義務ではありませんが、火葬することは義務なので遺族が必ず火葬しなければいけません。

 

一般に火葬のみのお葬式のことを、“火葬式”、”直葬”などと言います。

 

お葬式をしない理由は経済的な理由であったり、家族の事情であったり様々ですが、近年、火葬式は着実に増えています。

 

今回の記事では、お葬式をせずに火葬のみする場合どうすればいいのかご紹介します。

 

 

火葬式のご臨終から火葬までの流れ

お葬式をしない場合でも、ご家族が亡くなられた場合は葬儀社に連絡していただければと思います。葬儀社の手を借りずに火葬することは不可能ではありませんが、かなり大変で手間取ることも多いと思います。

 

ご家族が病院で亡くなった場合はすぐに葬儀社に連絡してください。ご自宅で亡くなった場合は、まず警察に連絡して、その後、葬儀社に連絡してください。

 

火葬式も流れは一般的なお葬式と同じで、葬儀社が到着して最初に決めることは、出棺までの間ご遺体をどこに安置するか、です。

 

遺体は死後24時間以上経過しないと火葬できないので、故人や遺族の自宅か、葬儀社の斎場に安置します。

 

安置する場所を決めたら、葬儀社のスタッフがご安置してお参りできるように枕飾りを作ります。

枕飾り

 

 

枕飾りの準備が終わって、お線香をあげたら葬儀社との打ち合わせになります。

 

火葬式の場合は打ち合わせする内容は少ないですが、出棺の時刻はしっかり決めないといけません。葬儀社スタッフが、ご遺族の希望する出棺時刻で火葬場の予約が取れるかを確認します。

 

出棺時間が決まったら、ご遺族に死亡診断書を記入していただき、死亡診断書を役所に提出して、火葬認可証を取ります。(火葬認可の手続きは葬儀社が代行してくれる場合があります)

 

火葬認可証を取れたら、ご遺体を棺に納め、出棺時刻がきたら、ご出棺になります。葬儀社スタッフが霊柩車で火葬場までお連れするので、ご遺族も火葬場まで同行していただきます。

 

火葬が終わると収骨して、ご希望があればご自宅に後飾り祭壇を設営します。

後飾り祭壇

 

火葬式の流れはシンプルなので、ご遺族の負担は少ないと思います。

 

 

火葬式で追加できるオプション

火葬式は納棺して出棺し、火葬というシンプルな葬儀ですが、遺族の希望でオプションを付けることができます。

 

オプションの一つ目が遺影写真を作るかどうかです。火葬式の最中は遺影写真は必要ありませんが、後々のことを考えると作られてもいいと思います。葬儀社スタッフに故人のお写真を渡していただければ、葬儀社の方で遺影写真を作成します。

 

遺影写真の費用は1万5千円程です。

 

二つ目は僧侶を呼ぶかどうかです。出棺前に僧侶を呼んで読経していただくこともあれば、火葬場に僧侶を読んで読経していただくこともあります。

 

火葬式の場合のお布施は3~5万円程です。

 

 

火葬式をする時に気を付けたいこと

火葬式は葬儀社に依頼すると20万円以下で施行できます。(オプションを付けた場合は加算されます)

 

火葬式は葬儀社からすれば、ほとんど利益にならない仕事なので、不誠実な葬儀社はいい加減な態度で仕事をするところもあります。

 

火葬式はシンプルで費用がかからない分、葬儀社の本当の質が問われる仕事だと思います。

 

また、「9万円で火葬式ができます」などのような葬儀社の広告を見かけることがありますが、極端に安い価格を提示する葬儀社は少し疑ったほうがいいかもしれません。

 

誠実で経験豊富な葬儀社に依頼すれば、心を込めてお手伝いさせていただきますし、葬儀後の手続きや納骨やについてもご相談に乗ることができます。

 

火葬式は一般的なお葬式に比べると”節目”としての意味合いが弱いかもしれません。しかし、一人の人生が終わったことに変わりはないので、ご遺族と葬儀社で心を込めて送り出すことができればと思います。