葬儀費用でかなり大きな割合を占めるのが、読経していただくお寺へのお布施です。

 

お布施をいくら包めばいいのかは地域や宗派によって違いますし、直接、お寺の住職に尋ねても、「お布施はお気持ちですので。相場などはございません」と言われることが多いです。

 

今回の記事では、お布施の相場やお布施の金額を抑える方法についてご紹介します。

 

お布施の相場を調べる方法

私が事前相談や葬儀の打ち合わせをしていても、お客様から「お寺へのお布施はいくらくらい包めばいいんでしょうか」と聞かれることがよくあります。

 

基本的に、お布施はお客様とお寺様のやり取りなので、金額について葬儀社が口を出してはいけない、という暗黙のルールがあります。

 

しかし、お客様は相場が知りたいでしょうから、一般論としてお布施の相場を教えています。

 

私は福岡県の葬儀社で働いているので、福岡県のお布施の相場しかわかりませんが、同じ地域のお寺でも宗派やお寺によってお布施の相場は変わってきます。

 

檀家の数が一番多い浄土真宗では通夜、葬儀、初七日で読経していただくとお布施の相場は20万円くらいです。(戒名やお車料、お膳料全て込みです)

 

ただ、浄土真宗でも寺院や納骨堂を新しくしたばかりのお寺だと30万円くらいが相場のこともあります。逆に10~15万円で読経していただけるお寺もあります。

 

浄土宗や日蓮宗、禅宗は30万円くらいが相場です。

 

お布施の相場を知りたいときは、その地域の葬儀社に聞いてみるがのいいと思います。ただ、葬儀社によってはわざと相場より低い金額を教えて、葬儀に費用をかけさせようとする葬儀社もいるので注意が必要です。

 

ウソの相場を教える葬儀社は大体、お寺からも嫌われています。

 

結局、お布施の相場を調べることは難しいです。しかし、不景気な世の中なのでお布施の相場も下がっていることは間違いありません。

 

個人的な意見としては、一般的な規模の葬儀なら20万円くらいお包みすれば失礼にはならないと思います。(葬儀で大きな祭壇を作って費用をかけた場合は、お布施もちょっと高めにした方がいいです)

 

 

お布施は高すぎる?

私が葬儀社で働き始めたばかりの時、お布施は20万円以上は包まないといけない、と聞いてびっくりしました。通夜、葬儀、初七日で数時間お経をあげてもらうだけで20万円なんて高すぎると思いました。

 

実際、私のようにお布施は高すぎると思っている人は多いようです。

 

昔は全ての家がどこかのお寺の檀家でしたが、今ではどこのお寺とも付き合いがない、という家庭が増えています。檀家離れが進んでいるので困っているお寺様も多いそうです。

 

昔は葬儀費用に関しても、お布施に関してもお金をかけすぎでした。景気が良くてお金がたくさんある時代はそれでもよかったのでしょうが、今は状況が全く違います。

 

費用を抑えた満足のいくお葬式をするために、お寺もこれまで在り方を変えつつあります。

 

その変化の一つが“僧侶派遣”です。今では、お寺や納骨堂を持って、檀家をたくさん集めて寺院を経営していくことが難しくなっています。

 

そこで、葬儀社がお客様にお寺を紹介するといったサービスが普及しています。

 

僧侶派遣を使うことで、お客様が紹介料を取られることはありませんし、紹介されたお寺の檀家になる必要もありません。

 

葬儀だけのお付き合いだけでも結構ですし、四十九日や一周忌にも読経してほしいのであれば、それを依頼することもできます。

 

僧侶派遣は、普段お付き合いのあるお寺がない人にとってはありがたいサービスです。そして、もう一つのメリットは僧侶派遣はお布施が低額ということです。

 

菩提寺の僧侶に葬儀の読経を頼めば20~30万円を包む必要がありますが、僧侶派遣だと15万円が相場です。

 

僧侶派遣に関しては賛否両論ありますが、「お布施の金額を抑えたい」、「葬儀だけのお付き合いのお寺を紹介してほしい」というお客様にとっては有効なサービスだと思います。

 

葬儀社はお寺との繋がりが強いので、信頼できる葬儀社にお寺の件も含めて相談していただければと思います。