仏式のお葬式では菩提寺の僧侶を呼んで読経していただくのが一般的です。

 

しかし今はお寺との付き合いがない家庭も増えているので、読経をお願いする菩提寺がない、というケースも多々あります。

 

菩提寺はあるけど、付き合いを終わりにしたいから、葬儀の読経をお願いしたくないというケースもあります。

 

今回の記事では、お寺の檀家にならずに葬儀の読経のみをお願いする方法についてご紹介します。

 

 

基本的には読経をお願いする=檀家になる

基本的なルールとしては、葬儀の読経をお願いするということはそのお寺の檀家になるということになります。

 

今後は毎年、護寺会費を支払い、法事もすべてお願いする必要があります。

 

一昔前は、ほぼ全ての家庭がどこかのお寺の檀家だったので、問題にはなりませんでしたが、最近はお寺離れが進んでいます。

 

金銭的にも大変な時代なので、「自分たちは仏教徒というわけでもないし、高いお金を払って檀家になるつもりはない」という考え方が増えるのは当然でしょう。

 

しかし、お葬式=お経があがるというのが一般的にお葬式のイメージなので、「檀家になるつもりはないけど、葬儀だけは読経に来てほしい」という需要はどんどん増えています。

 

お寺関係の方は、昔の風習を大事にする方も多いので、「檀家にならないなら、葬儀の読経はお断りします」というお寺もあります。

 

しかしお寺も会社と同じで、檀家からお金をもらわなければ経営が成り立ちません。

 

そこで、世の中の需要に応えるためにも、檀家にならずとも葬儀の読経を引き受けてくれるお寺も増えています。

 

 

葬儀のみのお寺はどうやって探す?

檀家にならず葬儀のみ読経をお願いしたい、と思ったときにそれを引き受けてくれるお寺を探す方法は2つあります。

 

一つはお客様が自分でお寺に出向き、「こういう事情があるので、檀家にならず葬儀の読経を引き受けてもらえますか?」と住職に直接お願いする方法です。

 

宗派にこだわりがあれば、希望する宗派のお寺を訪ねてみてください。

 

ただ、直接お寺にお願いに行くのは中々大変です。住職がその条件で引き受けてくれるかわかりませんし、葬儀のみの読経となると、お布施を多少多めに包まないといけない場合もあります。

 

葬儀のみのお寺を探すもう一つの方法は葬儀社に探してもらうことです。

 

葬儀社は普段から多くのお寺と付き合いがあるので、お客様が希望するお寺を紹介することができます。

 

葬儀社がお客様から紹介料のようなものを取ることもありません。

 

私が勤める葬儀社にもこの手の相談は頻繁にこられます。「檀家になるつもりはないので、葬儀のみのお付き合いというのはできませんか?」というお客様はとても多いです。

 

私はそのようなお客様に「私共でご希望のお寺を紹介させていただきます。宗派にご希望はございますか?」とお尋ねしています。

 

私がお寺を紹介するときに気を付けていることは
・お客様が希望している宗派のお寺を紹介する(希望がなければ一番数が多い浄土真宗)
・お客様の近所のお寺を選ぶ
・お布施の金額が低いところを選ぶ
・親しみやすい住職のお寺を選ぶ
ということです。

 

お布施の金額は宗派やお寺によって様々ですが、浄土真宗であれば比較的低額のお寺を紹介することができます。

 

また、葬儀が終わった後、お寺にお礼に伺ったり、今後も法事を頼む可能性があることを考えると、お客様の自宅から近いお寺を選んだ方が都合がいいです。

 

お寺のご住職はほとんどが穏やかな優しい人ですが、中には横柄な態度の住職もいます。

 

お客様が後から不快な思いをしないように、できるだけ快く葬儀のみの読経を引き受けてくれるお寺を紹介するよう心がけています。

 

葬儀社にお寺探しをお願いしたときに、ついでに費用や規模なども事前相談しておけば、いざという時の負担が減り、一石二鳥です。

 

 

まとめ

①檀家にならず葬儀のみの読経をお願いすることは可能
②お寺探しは葬儀社に頼むと便利
③葬儀社で事前相談も一緒にすれば手間が省ける

 

 

葬儀費用は高額ですし、準備もかなり大変です。そんな中でお寺探しや、お布施、葬儀後の法事のことまで考えるのは精神的にも金銭的にもきついものがあります。

 

葬儀社に事前に相談していただければ、お寺のことも含めて葬儀全般の相談に乗ることができ、お客様の希望する葬儀に近づけることができます。

 

お時間があれば是非、葬儀社に相談していただければと思います。