初七日って聞いたことはあるけど、どんな意味があるのかわからない
という方もいるのではないでしょうか。

 

初七日の意味については様々なものがあります。

 

私がお坊さんから聞いた話でなるほどと思ったのは

「親しい人の死というのはすぐに受け入れられるものではありません。
ですので、ご臨終の日から7日後に再び遺族が集まり、法事や食事をして
故人を失った悲しみを受け入れていくのです」

というお話です。

 

初七日の宗教的な意味としては、
人の魂は死後49日間は彷徨うので、遺族は7日毎に7回法要を行い、
死者の魂が迷わず極楽浄土に行けるように祈る、その最初の法事が初七日
というものです。
(四十九日とは”始終苦しむ”の単なる語呂合わせだという意見もあります)

 

初七日は宗教的な意味や、遺族の感情的な意味により行う法要ですので、
必ずしないといけないわけではありません。

 

最近では初七日法要は行わず、火葬が終わったら遺族で会席料理店で食事をし、解散
というスケジュールも増えています。

 

現在は同時初七日が一般的

初七日は故人が臨終された日から7日後に行うものですが、
現在では、葬儀と同じ日に行うのが一般的です。

 

私が勤める葬儀社でも同時初七日がほとんどです。
ただ、地域によっては、ちゃんと7日後に初七日をしないと批判されることもあるそうです。

 

葬儀と同じ日に初七日法要をするのは、
その方が遺族や僧侶にとって都合がつきやすいからと言われています。

 

7日後に遠方の親戚に再び来てもらうのも気が引けますし、
学校や仕事もまた休まないといけないので、葬儀と同じ日に初七日をした方が都合がいいのは事実です。

 

遺族の都合で法事を前倒しするのはおかしいのでは?
という意見もありますが、法事も社会の形に応じて変化してきています。

 

お寺からしても、遺族の都合に臨機応変に対応した方が、檀家を増やせるので、
融通をきかせていただけることが多いです。

 

さらに繰り上げた式中初七日

本来7日後にするはずの初七日を、葬儀当日に繰り上げたのが同時初七日ならば、
同時初七日をさらに繰り上げたのが式中初七日です。

 

式中初七日では、葬儀式が終わると僧侶も参列者も退場せず、
そのまま初七日のお経を始めます。

 

まだ火葬も終わっていないのに初七日のお経をあげるなんておかしいのでは?
という意見はごもっともです。

 

しかし、式中初七日も着実に増えてきています。

 

式中初七日を行う理由は、
遺族が忙しく、火葬後の予定が詰まっているから
火葬が終わって、また斎場に戻って法事をするのは面倒だから
というものが多いです。

 

 

同時初七日では
葬儀式

火葬

斎場に戻る

初七日法要
という流れになります。

 

遺族が忙しく、火葬が終わった後に斎場に戻ってくる時間がない、面倒だ
という場合は、初七日を葬儀式の中で行います。

 

式中初七日をすると“還骨勤行(かんこつごんぎょう)”のお経があがりません。
還骨勤行とは、お骨となって帰ってきた故人を迎え入れるお経です。

 

式中初七日の中で還骨勤行をあげることもありますが、
まだ火葬していないのに還骨勤行をあげるのは少し変です。

 

同時初七日は法事の日程を繰り上げるだけなので、多くのお寺が引き受けてくれますが、
式中初七日は、火葬→初七日という本来の順番を入れ替えるのでかなり特殊です。
ですので、戒律や習わしに厳しいお手は、式中初七日をお断りしている場合もあります。

 

 

 

葬儀や法事は現代社会の状況に応じて変化し、ますますわかりにくいものになっています。

 

本来の意味を無視した初七日法要に意味があるのか、とも思いますが、
葬儀や法事は、遺族が満足し、納得していただくことが第一なので、
宗教的な意味はあまり優先されません。

 

法事やお経の意味にとらわれることなく、どんな葬儀にすれば遺族にとって都合がよく、
満足できるのかを考えて、葬儀内容を考えるとよいと思います。

 

現代の葬儀は一つ一つがオーダーメイドと言われるくらいなので、
お客様の要望を聞き取り、最適なプランを提示してくれる葬儀社を見つけられてください。