テレビCMやインターネット広告で
「葬儀一式19万円!」
「総額15万円で小さなお葬式」
などの宣伝文句を見かけることがあります。

 

お葬式は100万円以上かかると思っている方も多いので、
「えっ!?そんなに安くお葬式ができるの?」
と思い、飛びついてしまうことが多々あります。

 

しかし、この広告の打ち方には、葬儀業界ならではカラクリがあり、
それが原因でトラブルが起きることも少なくありません。

 

今回は、葬儀社の宣伝文句に惑わされず、適正な価格でお葬式をするための知識をご紹介します。

 

 

「葬儀一式○○万円」はウソ!?

「葬儀一式」という言葉にはカラクリがあります。
一般的に”一式”と聞くと、それで必要なものが全て揃うというイメージですが、
“葬儀一式”では葬儀に必要なものは揃いません。

 

先ほど、私が調べた福岡市のある葬儀社では、ホームページに
「一日葬が278000円!」
と書かれていました。

 

しかし、費用の内訳をよく見ると、遺影写真や寝台車の料金が含まれていません。
これらはオプションの追加料金になっているようです。

 

もしこの葬儀社でオプションなしの葬儀をすると、
遺影写真はなく、遺体を自宅や斎場まで運ぶのは遺族ということになります。

 

また、葬儀一式にどこまで含まれているかも、葬儀社によって違うので注意が必要です。

 

例えば、私が勤める葬儀社では遺影写真は基本料金に含まれていますが、
近所のとある葬儀社では含まれていないそうです。

 

 

葬儀費用の内訳を大まかに紹介すると
①最低限必要なもの(棺、骨壺、人件費など)
②オプション(料理、会葬礼品など)
③お布施(僧侶や神主に支払うお金)
の3つです。

 

多くの葬儀社では、①の最低限必要なものの合計料金で
「葬儀一式19万円!」
と広告を打っています。

 

では、本当に①の費用だけで葬儀ができるのか、というと
・・・
・・・・
できません。

 

厳密にはできないことはないのですが、本当に必要最低限のお葬式になってしまい、
本来であれば葬儀社がやることも、遺族がやる羽目になってしまいます。

 

お葬式に僧侶や神主を呼べば、お布施も必ず必要になります。

 

広告に書かれている金額は、
あくまでお客様を呼び込むための宣伝文句なので、
ほとんど参考にはなりません。

 

 

総額って本当に総額なの?

「総額15万円からのお葬式」
などの広告もよく見かけます。

 

総額とは文字通り、
「お葬式で必要になる合計金額」
のはずですが、実際には総額以上の料金を請求する葬儀社もあります。

 

実はここにも、葬儀ならではのカラクリがあるんです。

 

お葬式には祭壇に飾る生花や、通夜の後、葬儀の前などに食べる料理が必要です。

seikaryouri

 

生花も料理もすべて自社でまかなっているという葬儀社は稀で、
普通は、生花業者や仕出し業者に外注しています。

 

お客様の方から仕出し業者に料理を注文していただいてもいいのですが、
それではお客様の手間がかかるので、葬儀社が代わりに注文して、
費用も立て替えて払うというのが実情です。

 

この「費用の立て替え」を悪用している葬儀社もあります。

 

 

例えば、悪質な葬儀社は
「うちの会社では、20万円で葬儀が施行できます」
と言ってお客さまを誘い、契約します。

 

そして葬儀を施工し、終わった後、お客様に
「こちらが今回のご葬儀の請求書でございます」
と言って、20万円の請求書を手渡します。

 

お客様は、予算内で葬儀ができてよかったとホッとして支払いを済ませます。

 

しかし、支払いが終わった数日後に再び葬儀社が来て
「こちらは先日のご葬儀での、料理代の請求書になります」
と言って、新たに10万円の請求書をもってきます。

 

お客様からすると
「総額で20万円って言ってたのにおかしいだろ!」
と仰るのが当然ですが、葬儀社は
「いえいえ、料理代はうちが頂く費用ではなく、仕出し業者に支払うものです。
私共が頂戴したのは20万円です」
と言います。

 

お客様からすれば当然納得がいきません。

 

この葬儀社は、本来であれば
「総額30万円でお葬式ができます」
と言うべきなのですが、それだとお得感がないので
「総額20万円でお葬式ができます!」
と言って、10万円は別請求にしています。

 

車や冷蔵庫を買うときに、このような二段階請求をするのは考えられませんが、
葬儀業界は、その特殊性が故に、このような方法がまかり通っています。

 

もっとも、葬儀に関する情報が増え、競争が激しくなっている現状では、
悪質な葬儀社はどんどん淘汰されています。

 

 

葬儀の費用は本当にわかりにくいものですので、事前相談や打ち合わせをする時は
「全ての費用を合わせていくらになるのか」
「費用の請求は一回なのか」
など、念入りに確認した方がよいでしょう。

 

費用面で失敗しないためにも、広告に惑わされず、
実際に葬儀社とやり取りをして、信頼できるのかを確かめることをお勧めします。