仏教では、人は死ぬと生まれ変わる世界へと向かって旅に出ると言われています。

 

この旅では七日毎に関所を通り、七回目の関所(四十九日)で次はどの世界に生まれ変わるか決められます。

 

初七日法要とは死者の旅が始まったことを意味し、四十九日は旅が終わったという儀式になります。

 

初七日は近親者と僧侶で行うのが一般的で、以降、七日毎に二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よんなのか)・・と続きます。

毎週、僧侶を呼ぶのが通例ですが、最近では初七日と四十九日のみ僧侶を呼ぶケースが増えています。

 

七七日(なななのか)が四十九日です。四十九日の後に納骨するのが一般的です。

 

遺族は故人の旅が終わる49日目までは「忌中」となり、その間は行動を控え、肉や魚を口にしないのが習わしです。

 

とは言ったものの、現在ではここまで厳格に法要や習わしを守っている家は少数です。

 

葬儀の簡素化、簡略化に伴い、法要も簡単なものになってきています。

 

 

火葬が終わるとすぐに初七日をすることが多い

葬儀が終わり、火葬場で火葬すると、そのまま自宅や会館で初七日法要を行うのが現在の多数派です。

 

初七日本来の意味では、臨終した日から七日後に初七日をするのですが、遠方から来てもらった親戚などに、再び集まってもらうのは都合が悪いので、葬儀と同じ日にするようになったと言われています。

 

関連記事
>>初七日法要ってなに?同時初七日や式中初七日

 

 

同時初七日では多くの場合、葬儀で使った祭壇を初七日でも使います。火葬が終わりお骨となった故人を祭壇に安置し、再び僧侶に来てもらって読経していただきます。

 

私が働いている葬儀社では11時に葬儀開式、12時に出棺、12時半に火葬開始、2時半から収骨、3時に式場に帰ってきて初七日を行うという流れが多いです。(火葬場や僧侶の都合により時間が変わることもあります)

 

初七日法要では、僧侶が読経、遺族が焼香し、僧侶が法話というお話をします。大体、30分前後で初七日は終わります。

 

初七日が終わると精進揚げ(精進落とし)になります。

 

仏教本来の教えでは、四十九日までは肉、魚を口にできないので、このような料理を食べることになります。

精進揚げ

 

 

しかし、現在では精進揚げから通常の食事に戻るのが一般的なのでお寿司やお刺身、オードブルなどを食べることが多いです。

精進落とし

 

現在の精進揚げは、遺族や親族の苦労を労う宴の席という意味合いの方が強いです。

 

遺族や親族は前日の通夜から初七日までで疲れがたまっているので、精進揚げは1時間~2時間程度でお開きにするのがよいでしょう。

 

3時から初七日法要が始まった場合は、3時半から精進揚げとなり、5時くらいに解散することが多いです。

 

遺族や親族が帰路につくと、葬儀の担当者は遺族の家に後飾り祭壇を作りに行きます。

後飾り祭壇

 

自宅に十分なスペースがない場合や、遺族が希望しない場合は後飾り祭壇を作らないケースもあります。

 

後飾り祭壇は、位牌やお骨箱、遺影写真を飾るための小さな祭壇です。葬儀が終わってお参りに来る人もいるので、お参りができるように香炉や線香も用意します。

 

四十九日で納骨するのが一般的なので、それまでは後飾り祭壇を飾っておくことが多いです。

納骨が終わる頃には仏壇を用意しておいた方がいいです。

 

 

葬儀のスケジュールをまとめると、

11時 葬儀開式

12時 出棺

12時半 火葬開始

14時半 収骨

15時 葬儀場に戻り初七日法要

15時半 精進揚げ

17時 解散

17時以降 遺族の自宅に後飾り祭壇を設置

となります。

 

地域差もありますが、おおむねこのような流れです。

 

 

以上が通夜・葬儀がひと段落するまでの流れですが、遺族はその後も故人が死亡した手続きを色々としないといけません。

 

生命保険の受け取りや、遺族年金の手続き、弔問客の対応など大変な時期が続きます。

 

通夜・葬儀は2日で終わりますが、その後の手続きや納骨、初盆、一周忌まで考えると長い道のりです。

 

遺族と葬儀社は一周忌まではお付き合いがあると考えていただけるとよいと思います。

 

「ハズレの葬儀社を選んでも2日だけ我慢すればいい」という考えもありますが、ハズレの葬儀社にあたると精神面、金銭面だけでなく、葬儀が終わってからも嫌な思いを続けることになります。

 

葬儀社選びは、できるだけ多くの情報を集め、可能であれば式場見学や事前相談をして後悔のない葬儀をしていただければと思います。

 

どのお坊さんに頼めばいいのか

お坊さん

葬儀や法要で読経を頼むお坊さんについても考えておく必要があります。

読経は菩提寺(普段からお付き合いのあるお寺)に頼むが一般的です。

菩提寺があるのに菩提寺以外のお寺に読経を頼むとトラブルになるので、普段から法要などでお付き合いのあるお寺があるならばそこにお願いしましょう。

 

最近では、菩提寺がない(どこのお寺とも付き合いがない)という人も増えています。

そのような場合は、葬儀や法要のためにお坊さんを呼ばないといけません。

葬儀社に菩提寺がないことを話せば、都合のつくお坊さんを紹介してくれます。

 

ただ、葬儀社が紹介するお坊さんが必ずしも良いところとは限らないので、最近では「お坊さん便」のようなサービスも普及しています。

お坊さん便

こちらは、ネットや電話でお坊さんを紹介、派遣してくれるサービスです。

 

最近はお寺離れが進んでいますし、自分で近所のお寺に

「私はそちらの門徒ではないのですが、葬儀と法要だけ読経をお願いできませんか?」

と電話して回るのは大変なので、このようなサービスが普及したのでしょう。

 

また、お坊さんにお渡しする「お布施」ですが、いくら包めばいいのか聞いても

「こういうものはお気持ちですので・・」

と濁されることが多いです。

実際、宗派や地域によってちがうので、決まった金額はありません。

 

お坊さん便の場合は、お布施の金額もきちんと定められているので、金銭面の不安もないでしょう。

葬儀や法要を控えている方は一度チェックされてください。

>>お坊さん便公式サイトへ

 

お仏壇の準備

お仏壇

四十九日が過ぎて納骨がおわる頃にはお仏壇を準備しておく必要があります。

お仏壇の価格やサイズも大切ですが、自分の宗派に合ったものなのか、ということも重要です。

お仏壇の中身も宗派ごとに異なるので、間違ったものを選べば、お坊さんや親戚に怒られるかもしれません。

仏壇の種類は豊富なので、仏壇屋さんとよく相談してから決めた方がいいでしょう。

 

最近は仏壇屋さんもネットで探す人が増えています。

「いい仏壇」というサイトは全国の仏壇屋さんと提携しており、お近くの仏壇屋さんを探すことができます。

いい仏壇

このサイトでクーポンを発行してから来店すれば、最大10万円のギフトカードがもらえるのでかなりお得です。

お仏壇の購入を検討されている方は一度チェックしてみてください。

>>いい仏壇公式サイトへ

 

 

身近に詳しい人がいなければ、ネットを活用するしかありませんから、これらのサービスも役に立つと思います。