このページでは、ご臨終から通夜、葬儀、初七日までの
大まかな流れをご紹介します。

 

宗教や宗派によって違いはありますが、大まかな流れはほぼ同じです。
(キリスト教では初七日はなく、
創価学会では葬儀と初七日を同時にするなどの特徴があります。)

 

ここでは最もオーソドックスな仏教という前提で全体の流れを説明します。

 

 

1 ご臨終

大切な人が亡くなった時、遺族が最初に決断しなければならないのは、
通夜までの時間、どこに遺体を安置するかということです。

 

遺族は、病院や自宅に葬儀社のスタッフがお迎えに上がったときに
「故人様が帰られる場所はどちらですか?」
と聞かれます。

 

選択肢としては、自宅に安置するか、斎場に安置するかです。
これを事前に決めておくだけで、その後の流れがスムーズになります。

 

>>ご臨終から安置までの詳しい流れ

 

2 枕経

亡くなった直後にお坊さんにあげてもらうお経を枕経(まくらぎょう)といいます。

 

ご遺体を自宅、または斎場に安置したら、自分の檀家のお寺さんに連絡して、
枕経をあげにきていただきます。

 

亡くなったのが深夜だった場合は、翌朝に連絡して枕経にきていただきます。

 

枕経が終わったら、遺族、お坊さん、葬儀社の三者で
通夜・葬儀の日時を話し合います。

 

日時の決定には、お坊さんの都合や火葬場の空き状況が関係するので、
都合が合わない場合は、通夜・葬儀の日程を日延べすることもあります。

 

>>安置から打ち合わせまでの詳しい流れ

 

3 打ち合わせ

通夜・葬儀の日時が決まったら遺族の方は葬儀社と打ち合わせを行います。
打ち合わせをするスタッフがその葬儀の担当者であり、
今後長く、遺族とお付き合いすることになります。

 

多くの葬儀社では料金プランを用意しているので、
「Aプランで、会葬礼品は100個用意して、通夜料理は50人分準備して・・」
という風に内容を決めていきます。

 

4 通夜の準備

打ち合わせが終わると、通夜が開式するまでに、
遺族がやらなければいけないことはたくさんあります。

 

近親者や友人、職場の人への連絡、遺影に使う写真を持ってくる、
受付を誰に頼むか決める、死亡届の提出・火葬認可の手続きなどがあります。

 

死亡届や火葬認可の手続きについては、葬儀社が代行してくれるところもあります。

 

この間に葬儀社のスタッフは祭壇の設営や、納棺、会葬礼品の準備などを行います。
遺体を自宅に安置している場合は、自宅で納棺を行います。

 

>>通夜までに遺族が準備すること

 

5 ご遺体を祭壇へ移動

ご遺体を自宅に安置している場合は、通夜が始まる2時間前くらいに、
葬儀社のスタッフがお迎えに上がり、ご遺体を斎場の祭壇へ移動します。
斎場に安置している場合も祭壇へ移動します。

 

6 通夜の開式

お通夜では、お坊さんがお経をあげ、遺族や会葬者がご焼香します。
喪主は、喪主挨拶をすることも多いです。

>>通夜の意味や流れについて

 

 
7 通夜振舞い(通夜料理)

地域によっては通夜振舞い(つやぶるまい)というものがあります。
通夜振舞いとは、会葬していただいた方達に対して料理を振舞うことです。

 

通夜振舞いは地域によってある所とない所があるので、
打ち合わせの時に、担当者に聞いてみてください。

 

地域によっては、親族だけで食事をする通夜料理という慣習もあります。

 

8 おとき

通夜の翌日は葬儀式になります。

 

親族の方達は、葬儀が開式する2時間ほど前から
“おとき”という精進料理を食事します。

 

9 集合写真の撮影

葬儀社によっては、葬儀開式の30分程前に集合写真を撮ることがあります。

 

10 葬儀式

お通夜と同じようにお坊さんがお経をあげ、親族や会葬者がご焼香します。
親族代表が挨拶をすることも多いです。
(喪主が親族代表挨拶をすることもあれば、別の人がすることもあります)

 

>>葬儀から火葬が終わるまでの流れ

 

11 出棺

葬儀式が終わると、棺の蓋を開け、最後のお別れをしてから、
棺を霊柩車へと移動します。

 

霊柩車が発進する直前に、親族が会葬者へお礼の挨拶をすることもあります。

 

霊柩車には5~6人しか乗れないので、火葬場へ同行する人は、
自家用車で火葬場へと向かいます。
葬儀社が貸切バスを用意する場合もあります。

 

12 火葬

火葬場へ到着すると、棺を炉へと移し、遺族の代表が火葬のスイッチを押します。
火葬には2時間から3時間かかるので、遺族は火葬場で待機することになります。

 

多くの火葬場では待ち時間を快適に過ごせるように、
食事ができるスペースなどを用意しています。

 

13 収骨

遺族は、火葬が終わるとお骨になった故人を、骨壺へと移す収骨を行います。

 

14 初七日法要

初七日は通常は、亡くなった日から7日後に行うものですが、
最近では葬儀と同じ日に行うことがほとんどです

 

収骨が終わると、骨壺を持って斎場に帰ってきて、
再びお坊さんに来てもらい、初七日のお経をあげてもらいます。

 

>>初七日法要から精進揚げまでの流れ

 

15 精進揚げ(精進落とし)

初七日が終わると精進揚げという料理を食べます。
地域によっては精進落としとも言います。

 

精進揚げは忌の間が終わったことを示すものなので、肉類や魚類を食べます。

 

16 後飾り祭壇の設営

精進揚げを食べ終わると、解散になります。
葬儀の担当者は遺族の自宅へ伺い、遺影写真や骨壺を飾れる後飾り祭壇を作ります。

 

後飾り祭壇には生花をお供えします。
四十九日まで毎週、生花を配達してくれる葬儀社もあります。

 

 

これだけの大変なスケジュールを二日間(日延べになった場合は三日間)で
行わないといけないので、遺族の負担はとても大きなものになります。

 

滞りなく葬儀を終えるには、
事前に信頼できる葬儀社を見つけておく
ことが非常に大切です。

 

死はいつ訪れるかわからないものですが、あらかじめ準備をしておくかどうかで、
遺族にかかる負担や、葬儀の満足度が大きく変わります。

 

葬儀の準備をする時間がある方には、
事前に信頼できる葬儀社を見つけておくことを強くお勧めします。