「葬スベ~葬祭ディレクターが語る葬儀のスベテ~」にお越しくださり、

ありがとうございます。

 

このサイトは、葬儀でお悩みの方の疑問や不安を解決するために立ち上げたサイトです。

 

私は葬儀社に入社した当初、自分の勉強のために葬儀や宗教について勉強したことを

ノートにまとめていました。

 

しかしある日、

「このノートはブログにして多くの方が見れるようにすれば、役立てていただけるのでないか」

と思い、ブログとして開設しました。

 

私は葬儀社に入社した24歳まで、葬儀に関して非常に無知でした。

たまに通夜や葬儀に参列することはあっても、多くの人にとってお葬式は縁がないものであり、

喪主になる経験など人生で数回あるかないかです。

 

年配の方は葬儀に関して知識を持っている方も多いですが、40代以下の方は

葬儀ってなにをどうしたらいいのか全くわからない、という方も多いです。

 

近年は葬儀に関する話題がメディアでも取り上げられるようになり、

「葬儀の話はタブー」という価値観も薄れてきました。

 

それい伴い葬儀社も事前相談や見積書の作成など、情報公開に積極的になっています。

 

イオングループや東急ハンズなどの大企業が葬儀業界に進出し、

これまであぐらをかいていた葬儀社もお尻に火が付いた状態です。

 

一昔前のお葬式は

「できる限りお金をかけて、出来るだけ多くの人を呼んだ方がいい」

という共通の認識がありました。

 

しかし最近では、流行りの「家族葬」を始め、「直葬」や「0葬」など

昔は考えられなかった形態のお葬式が主流になっています。

 

多くの葬儀社が他社との差別化を図り、色々なプランを用意していますが、

葬儀の経験の少ない人が、どんなお葬式にすればベストなのかを判断するのは困難です。

 

また、葬儀の明細書はとても複雑な構成になっていて、後から想定外の追加料金を

請求されてトラブルになることも少なくありません。

 

このサイトでは、喪主になる方には必ず知っておいていただきたい知識から

ちょっとした豆知識や裏話なども公開していこうと思っています。

 

 

「どうすれば納得のいく葬儀ができるのか」

という質問に対する私なりの回答は

「信頼できる葬儀社を見つけること」

です。

 

お葬式の主役は遺族であり、葬儀社はそれをサポートする役割に過ぎません。

故人や遺族の気持ちをしっかり汲みとり、予算の範囲内で葬儀を施行できる

葬儀社を見つけることが、納得のいく葬儀を行う最大のポイントです。

 

 

近親者が亡くなってから葬儀社を探し始めることはできません。

臨終されるとすぐに葬儀社を呼ばないといけないので、葬儀社は事前に決めておく

ことがとても大切です。

 

事前に葬儀社を決めていない場合は、病院から勧められた葬儀社か、

適当に選んだ葬儀社に依頼することになりますが、

そうなると納得のいく葬儀ができるかは運次第です。

 

お葬式はやり直しのきかない人生最後のイベントです。

かかる費用も大きく、短時間で即決しないといけない事柄も多くあります。

 

お葬式が終わったあとに感情面や金銭面で後悔しないためにも、

事前に信頼できる葬儀社を見つけておくことを強くお勧めします。

 

このブログの情報を活用して、納得のいく葬儀を実現していただけれ幸いです。

よろしくお願い致します。